Onyx Graphicsは『ISA Sign Expo 2019』で次期メジャーリリースをプレビューします

30周年を記念して、次期メジャーリリースを初披露

2019年4月15日、ソルトレイクシティ – Onyx Graphics 社は今度の『ISA Sign Expo』で、プリントサービスプロバイダの皆様にワイドフォーマットプリントの限界を超える機能を提供する、ONYXソフトウェアの次期メジャーリリースを初披露する予定です。次期メジャーリリースは、ONYX ThriveプリントワークフローとONYX RIP製品を含む全ONYXソリューションで利用することができます。デモンストレーションは、4月24日~26日までラスベガスで開催される『ISA Sign Expo』のOnyx Graphicsブース2347で行われます。

この最新リリースは、2018年にベストカラーマネジメントおよびRIPとプリントワークフローソリューションで3度の受賞歴を持つ業界最先端のONYXソフトウェアバージョン18.5をベースに構築されています。「弊社のお客様は、デジタルインクジェットアプリケーションの現状のチャレンジに役立つ最高のソリューションを受けるに値します」と語る、社長兼CEOのケビン・マーフィ氏。「この次期リリースはまさにそれを実現したものです。でなければ、笑顔で30周年を迎えることはできませんからね」

また新しいONYXソフトウェアバージョンの発表日は、国際サイン協会の記念日でもあります。国際サイン協会は長年にわたり最新かつ最も革新的なプリントソリューションで、世界中のプリントサービスプロバイダにとっては業界をリードする声となっています。「ISAが創立75周年を迎えるにあたり、私達は私達の業界がどのように変化してきたかを振り返り、また次の革新を楽しみにしてきました」と話すのは、国際サイン協会の会長兼CEO、ロリ・アンダーソン氏。「過去30年間、Onyx Graphics 社は私たちの業界を牽引してきています。私はONYXが将来の革新において重要な役割を果たし続けることを知っています。30周年、おめでとうございます」

利用可能時期

ONYXソフトウェアの次期メジャーリリースは、ONYX Thriveプリントワークフローソフトウェア、ONYX PosterShopおよびONYX RIPCenter RIPソフトウェアを含むONYXソリューションの全製品ポートフォリオをカバーする、2019年の夏に全世界で利用可能の予定です。これはキーの更新をリクエストすることですべてのONYX Advantageのお客様に、またライセンス購入を通してすべてのお客様にご利用いただけます。同社の30周年記念の一貫として、Onyx Graphicsは『ISA Sign Expo』のOnyx Graphicsブースに来場されたすべてのお客様に、特別オファーを行います詳細につきましてはwww.onyxgfx.com/ja/ でご覧ください。

業界リーダーとの提携

Onyx Graphicsは業界をリードする幅広いプリンタとメーカを、誇りをもってサポートしています。Onyx Graphicsのブースに加え、ONYXソフトウェアは展示会の期間中、多くのパートナーブースでプリンタとともに実行されます。ONYXソフトウェアのパワーを紹介するパートナーブースのリスト表については、Onyx Graphicsブース2347でご覧ください。

Onyx Graphics社について

1989年より市場をリードするお客様の生産性の向上、コストの削減、そして優れたプリントとカラー品質で、お客様があらゆる競合に優位に立てるように取り組んでいます。最高のカラー出力を提供するためのその情熱はONYXカラーの開発につながり、Onyx Graphics独自のカラーエンジンは大判インクジェットプリント用に特別に最適化されています。技術革新、生産性、そして世界中のお客様の満足が、最先端のテクノロジーの継続的開発および強化するために、社の気運を後押ししています。グローバルチャンネルパートナーシップおよびプリンタメーカーとの長年の関係は、パワフルで信頼性の高い大判プリントサワークフローソフトウェアのマーケットリーダとしてOnyx Graphics社を位置づけています。詳細はwww.onyxgfx.com/ja でご覧ください。

 

プレスルームに戻る