Onyx Graphicsはワイドフォーマットプリントにおいて30年の革新を称えます

1989年の創立以来、業界をリードするRIPおよびワークフローソリューションを提供しています

2019年1月28日、ソルトレイクシティ – RIPおよびワークフローソリューションをリードするOnyx Graphics社は、ワイドフォーマット・デジタルインクジェットプリント業界に向けた革新的な製品を開発し続けて30年目を迎えます。1989年に最初のワイドフォーマット専用のRIPソフトウェアを作成して以来、数々の賞を受賞しているONYXのソフトウェアソリューションは、革新の最前線を走り続けています。

1989年、Onyx Graphics社のチームは、常に同社のコアである優れたカラーとともに高速で効率的なプリントソリューションを提供するというビジョンで一丸となって開発に取り組みました。以来、ONYXソリューションはプリント購入者に証明できる卓越したカラー、自動ワークフロー、優れた出力で知られ、今やプリント環境全体の業界標準となっています。

「私たちは最初の商業用ワイドおよびグランドフォーマットのプリントソフトウェア会社として、その伝統と起業家精神をとても誇りに思っています」と話す、Onyx Graphics社の社長兼CEOのケビン・マーフィー氏。「社内の開発チームとカラーサイエンティストの間で、世界中のお客様との密接な関係とともに、Onyx Graphicsは業界全体で革新を継続的に推進するという、独自のポジションにいます。次の30年間をどう持続していくかを、楽しみにしています」

Onyx Graphicsのユニークな製品には、ワイドフォーマットプリント用に特別に構築された比類のないカラー出力を実現するONYXカラーエンジンが含まれています。ONYX Thriveはビジネスと共に成長する同社のネットワークライセンスRIP、およびワークフローソリューションです。ONYX Hubはプリントショップの収益性を向上させるための、実際のコスト計算機能を備えたビジネスインテリジェンスツールです。PDF 2.0オプションとColorCheckのサポートを含むAdobe PDF プリントエンジン5.1 (APPE)を搭載した最初のソリューションとして2018年12月17日にリリースされた受賞歴のあるONYX 18.5は、プリント購入者に証明できるカラー精度、一貫性、そしてG7やFOGRAといった標準規格との一致を確実にする、唯一の業界ツールセットを備えています。

ONYX 18.5の主要オプションは次の通りです:

  • 最新のAdobe PDFプリントエンジン1を搭載
  • 黒点補正を含む、PDF 2.0オプション
  • 2倍速のRIPスピードと5倍速の生産スピードで比類なきパフォーマンスの向上
  • 相対的ガモットマッピングの彩度保存機能を使用して、スポットカラーの鮮やかさを追加
  • データを保護し、販売可能なプリントを素早く入手するためにボタンをクリックするだけで複数のQuickSetsを管理する、QuickSetアプリケーションライブラリ管理

入手方法

ONYX Thrive プリントワークフロー、ONYX ProductionHouse、ONYX PosterShop、ONYX RIPCenter RIP ソフトウェアの全製品ポートフォリオをカヴァするONYX 18.5ソフトウェア は、すべてのONYX Advantageをお持ちのお客様はキーアップデートをリクエスしてト、また他の全てのお客様はライセンスの購入を通してご利用いただけます。またOnyx Graphicsは創立30周年記念の一環として、ONYX Thriveバンドルの特別オファを推進しています。詳細につきましてはONYX認定リセラーにお問い合わせいただくか、もしくはwww.onyxgfx,com/ja でご覧ください。

Onyx Graphics社について

1989年より市場をリードするお客様の生産性の向上、コストの削減、そして優れたプリントとカラー品質で、お客様があらゆる競合に優位に立てるように取り組んでいます。最高のカラー出力を提供するためのその情熱はONYXカラーの開発につながり、Onyx Graphics独自のカラーエンジンは大判インクジェットプリント用に特別に最適化されています。技術革新、生産性、そして世界中のお客様の満足が、最先端のテクノロジーの継続的開発および強化するために、社の気運を後押ししています。グローバルチャンネルパートナーシップおよびプリンタメーカーとの長年の関係は、パワフルで信頼性の高い大判プリントサワークフローソフトウェアのマーケットリーダとしてOnyx Graphics社を位置づけています。詳細はwww.onyxgfx.com/ja でご覧ください。

 

サポートに戻る