APPE 5.1を搭載したONYX 18.5 ソフトウェアは出荷しています

ONYX 18.5 はAPPE 5.1を搭載した最初のRIPソリューションとして、プリント生産を次のレベルに引き上げます

2018年12月17日、ソルトレイクシティ – Onyx Graphics社は、本日ワイドおよびグランドフォーマットRIPソフトウェアの最新バージョンONYX 18.5ソフトウェアのグローバルリリースを発表しました。ONYX 18.5ソフトウェアは、賞を受賞したONYX 18バージョンをベースに、Adobe PDF Print Engine 5.1 (APPE 5.1)を搭載した最初のワイドフォーマットRIPソリューションで、プリント生産を次のレベルに引き上げます。APPE 5.1を使用することで、ユーザはインパクトの高いカラーレンダリング、グラフィックス用のスムーズなエッジ、強化されたユニコードのサポートなどを含む、完全なデザインからプリントまでのワークフローを最新テクノロジーの進歩から享受することができます。さらに黒点補正、ハーフトーンの原点、特色の特殊データ、そしてページレベルの出力インテントといった、PDF 2.0 の機能をサポートしています。

「ONYX 18.5は将来を見据えたプリントサービスプロバイダのみなさんが、競合他社と差別化を図るために必要とするテクノロジーの進歩とともにワイドフォーマットプリント業界をリードし続けています」と話す、Onyx Graphics社のプロダクトマーケティングディレクター、ブライアン・マンワリング氏。「お客様が時代を先取りし、比類のないRIPと生産スピードを活用できるように役立てることは、今後数年間にわたり事業に大きな利益をもたらすことにつながると思います」

またONYX 18.5は自動化が向上した新しいQuick Setアプリケーションライブラリ管理、サードパーティのファイルをサポートする機能強化されたiccMAXの互換性、およびより高いからー精度と鮮明さを実現する新しいカラーツールを導入しています。新しいColorCheckレポートと組み合わせることで、ONYX 18.5は文字通りプリント購入者に検証できる業界最高レベルの出力を実現します。

ONYX 18.5の主な特徴:

  • 最新のAdobe PDFプリントエンジンAPPE 5.1を搭載
  • 黒点補正を含むPDF 2.0機能
  • 2倍速のRIP速度と5倍速の生産スピードで比類なきパフォーマンスの向上
  • 相対的ガモットマッピングのChroma維持による特色の鮮明さを追加
  • QickSetアプリケーションライブラリ管理により、ボタンをクリックするだけで複数のQuickSetsの管理、データの保護、および販売できるプリント物を素早く取得

利用可能時期

ONYX Thriveプリントワークフロー、 ONYX ProductionHouse、ONYX PosterShop、ONYX RIPCenter RIPソフトウェアを含むONYXソリューションの全ポートフォリオをカヴァーするONYX 18.5ソフトウェアは、キーアップデートをリクエストして全てのONYX Advantageのお客様に、またライセンスの購入を介して他の全てのお客様にご利用いただけます。

ONYX Advantageサブスクリプションプログラムは、ONYXソフトウェアのユーザにソフトウェアを最新状態に保ち、投資の保するための迅速かつ簡単な方法を提供します。ONYX Advantageをお持ちでないお客様は、お近くのONYX販売代理店にお問い合わせいただくか、onyxgfx.com/jaをご覧ください。

Onyx Graphics社について

1989年より市場をリードするお客様の生産性の向上、コストの削減、そして優れたプリントとカラー品質で、お客様があらゆる競合に優位に立てるように取り組んでいます。最高のカラー出力を提供するためのその情熱はONYXカラーの開発につながり、Onyx Graphics独自のカラーエンジンは大判インクジェットプリント用に特別に最適化されています。技術革新、生産性、そして世界中のお客様の満足が、最先端のテクノロジーの継続的開発および強化するために、社の気運を後押ししています。グローバルチャンネルパートナーシップおよびプリンタメーカーとの長年の関係は、パワフルで信頼性の高い大判プリントサワークフローソフトウェアのマーケットリーダとしてOnyx Graphics社を位置づけています。詳細はwww.onyxgfx.com/ja でご覧ください。

プレスルームに戻る