ONYXソフトウェアのColorCheckは、インクとメディアコストを数十万も節約します

ワイドフォーマットプリントにおける生産性と収益性の真のメリットを証明

2018年11月30日、ソルトレイクシティ – ワイドフォーマットおよびグランドフォーマットにおいて、パワフルで信頼性の高いRIPとワークフローの市場リーダーであるOnyx Graphics社は、カラー精度、一貫性、G7やFOGRAなどの標準規格との一致させるプロセスコントロールツールのColorCheckを使って、プリントエラーを減らしています。この夏導入されたColorCheckを使用すると、プリントサービスプロバイダのみなさんはお客様の期待に応えることができます。

 

「ColorCheckは、プリント購入者に実証できる優れた出力の確保以上のものがあります」と話す、Onyx Graphics社のプロダクトマーケティングディレクターのブライン・マンワリング氏。「我々はColorCheckが間違ったプリントによる再プリントの必要性を効果的に阻止しているのを確認しているんですよ」

「ColorCheck は、ある1社のお客様の時間制限のあるプリントジョブの注文で文、字通り我々を救ってくれました」と話すのは、Signboom社(カナダ、ブリティッシュコロンビア州、ラングレー)の社長兼CEO、レオナンド・ムーア氏。「我々は二部体制のプリントで締め切りに間に合わせるために新しいメディアを注文したんです。ColorCheckはホワイトポイントの違いを捉え、我々は間違ったプリントによるインクとメディアの無駄を数十万も節約することができたんです。カラー精度や一貫性はお客様や我々にとってとても大事ことですからね。なので、今はColorCheckなしでプリントはしません」

ColorCheckについて

ColorCheckはカラー精度、一貫性、標準との一致をプリント購入者に実証できる、業界唯一のツールセットです。ColorCheckを使用すると、ユーザのみなさんは顧客ブランドカラーのニーズを満たすことができるとともに、プリント前に出力の一貫性を把握、そして全てのメディアプロフィルのデバイス間でプリント出力品質をサイト全体でコントロールすることができます。さらに製品内のインジケータは、RIP-Queueインタフェースに組み込まれたアラートでインクとメディアの両方を節約し、プリンタのメンテナンスをいつ実行するかをユーザに通知します。

 

利用方法

ColorCheckは同社の最新バージョンリリース、ONYX 18 ソフトウェアの一部で、ONYX Advantage Gold サブスクリプションでアクセスできる、ONYX Thriveの統合モジュールです。現在のONYXユーザのみなさんはキーアップデートのリクエストができ、また他の全てお客様はライセンス購入を通してアクセス権を入手することができます。ONYX Advantageのサブスクリプションプログラムは、ONYXソフトウェアユーザのみなさんにソフトウェアを最新状態に保ち、投資を保護するための迅速かつ簡単な方法を提供します。ONYX Advantageをお持ちでないお客様は、お近くのONYX認定販売代理店にお問い合わせいただくか、もしくはonyxgfx.com/ja で詳細をご覧ください。.

Onyx Graphics社について

1989年より市場をリードするお客様の生産性の向上、コストの削減、そして優れたプリントとカラー品質で、お客様があらゆる競合に優位に立てるように取り組んでいます。最高のカラー出力を提供するためのその情熱はONYXカラーの開発につながり、Onyx Graphics独自のカラーエンジンは大判インクジェットプリント用に特別に最適化されています。技術革新、生産性、そして世界中のお客様の満足が、最先端のテクノロジーの継続的開発および強化するために、社の気運を後押ししています。グローバルチャンネルパートナーシップおよびプリンタメーカーとの長年の関係は、パワフルで信頼性の高い大判プリントサワークフローソフトウェアのマーケットリーダとしてOnyx Graphics社を位置づけています。詳細はwww.onyxgfx.com/ja でご覧ください。

 

サポートに戻る